RSS | ATOM | SEARCH
貧困や身寄りの居ない方を火葬してくれる寺院に寄付
日本でも近年『孤独死』の問題が報道されていますが、チェンマイでも「孤独死」はあります。今回、寄付させて頂いたのはメージョーにある寺院で、毎週(月)(水)(木)に、貧困で葬儀が出来ない方や、身寄りの居ない方などのご遺体を無料で受け入れ、火葬してくれる寺院です。

私が伺った日は、12人のご遺体が集まっていました。


寺院の僧侶が亡くなられた方の為にお経をあげてくれます。
寄付に来られた方々も一緒に読経します。

お経が終わりましたら【出棺】


寄付にきた方々と一緒に敷地内の火葬場にお運びします。

棺を火葬場にお納めします。



12名のご遺体が、どうやって、この2つの火葬場所に収まるかは、ここで書く事は出来ません…。
かなり衝撃的な光景を目にします…。
以前は41名という日もあったそうで、その中には外国人も居たそうです。

全てのご遺体が収まったら、火葬します。


私が伺った日には、メーホンソンなどの遠方からのご遺体もありました。


色々と深く考える寄付(募金)となりました。
いつもブログやフェイスブックを読んで頂いている皆様が、この様な情報を求めている訳ではないことは承知していますが、あえて記事にしました。私も現在まで、『身寄りの居ない子供達』に目を向けて寄付活動をしてきましたが、『身寄りのないご遺体』にも協力が必要なのだと感じました。
「恵まれない子供達」への協力は、子供達や施設の方々から感謝されたり、他人にも伝え易いですが、「恵まれないご遺体」への協力は、誰からも感謝の言葉を頂ける訳でもないのですし、他人にも伝え難い部分があります。そんな「孤独なご遺体」を週3回も受け入れて、お経を上げ、火葬までしているこちらの僧侶には感動しました。これからも僅かながら寄付させて頂こうと思います。


しかしながら、私達が協力出来るのはココまでです…。


あとは、仏様にお願いします。

景色の良い寺院の中で、今にも「水島上等兵の竪琴」が聞こえてきそうな寄付活動でした。



『チェンマイを日本語でご案内します!』
ホームページ http://thai-baan-chiangmai.com/index.html

寄付されたお金は、棺や火葬の為の燃料費に使われます。



 
author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:ボランティア&寄付, 23:36
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.thai-baan-chiangmai.com/trackback/420