RSS | ATOM | SEARCH
オムコイの学校へ【番外編 曄、┗寨注意
【到着2日目の早朝】07:00過ぎ


学校のグランドの前で山から下りてきた
おじさんオジさんに声を掛けました。

かすかに吐いた息が白くなるくらいの気温でしたが、このオジサンは半袖にサンダル…。
これで寒くないと言うオジサン…。
我慢強いのか!?


話を聞くと、昨晩に山で仕掛けた罠を回収しに行ったそうです。
その罠がコレ



そして、罠に掛かったのが…

野ネズミ!

この村では、大切なたんぱく源です。
普段はお米に唐辛子の粉を付けて食べている場所です。
お肉と言えば、年に数回やってくるボランティアからの支給だけ…。
小さな子は、栄養失調の症状が出ています。
そんな場所なので、野生の動物は捕まえたら食べます。

食べ方ですが、焚火に放り込むだけのシンプル調理法!
『ご馳走します!』とか言われないで良かった〜。



 
author:チェンマイを日本語でご案内する『バーン・チェンマイ』のブログ, category:ボランティア&寄付, 17:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.thai-baan-chiangmai.com/trackback/440